HerokuGuide for deploying RailwayJS app on Heroku.com cloud hosting

Herokuのnode.jsホスティングサービスを使って一般公開することが可能です。RailwayJSアプリケーションは単純にgit pushするだけでデプロイすることができます。

herokuで動作させる為にはrubyとheroku gemが必要となります。

まず最初にアプリケーションを作成します。

railway init heroku-app
cd heroku-app
sudo npm link
railway g crud post title content

次にgitリポジトリを初期化します。

git init
git add .
git commit -m 'Init'

herokuアプリケーションを作成します。

heroku create --stack cedar

mongodbを使用するのであれば下記を実行します。

heroku addons:add mongohq:free

redisを使用するのであれば下記を実行します。

heroku addons:add redistogo:nano

そして、デプロイします。

git push heroku master

Procfileを(一度だけ)フックします。

heroku ps:scale web=1

アプリケーションのステータスを確認します。

heroku ps

表示してみましょう。

heroku open

間違いがないか、ログをチェックすることができます。

heroku logs

ログをチェックするのも良いですが、nodeコンソールでコマンドを実行するのもお勧めです。

heroku run node
> var app = require('railway').createServer();

インストール時に発生した問題を特定するのに役立ちます。railwayコンソールを使用するためのコマンドは以下の通りです。

heroku run railway console

mongohqはhttp://mongohq.com/にてアカウントを作成し、’Add remote connection’を選択し、データベースの接続設定を行うと、あなたのmongoデータベースをブラウジングする為のウェブインターフェースを使用することができます。以下のコマンドによって接続するために必要な詳細を確認することができます。

heroku config --long